トラックの販売店(ディーラー)に下取りをお願いしてみる

tenpoukabu

トラックの売却をされる際にディーラーに下取りをお願いされる方は多いです。

勝手がわかっている場所ですし、過去に何台も購入していれば良い条件も出してくれそうな

感じがしますね。

しかし、販売店に下取りをお願いするのは得策ではありません。

 

なぜ販売店(ディーラー)での下取りは得策ではないか?

061

なぜ販売店での下取リが得策でないかといいますと、販売店(ディーラー)は

新車を販売するところだからです。

よって、下取りを持って行くと必ずといって良い程新車のセールスが入ります。

そこで新車の検討も同時に進めると下取りの条件も良くなりますが、新車の方の利益が

増えているだけで、結局下取りの条件が良くなったわけではない。

というケースが多々あります。

l_073

よって、トラックの売却をお考えの方は買取実績の多い買取店とお話をされる事を

お勧めします。

買取店は当然トラックを買い取りすることで収益を生む構造を持っていますので

条件もディーラーや販売店に比べて非常に良い場合が多いです。

 

トラックの売却をされる場合は複数の業者に声をかけてしっかりと条件を

比べることをお勧めします。

 

またトラックの取引には商業車特有の買取ルールやノウハウが必要なため

通常の査定業者に、トラックの高額の条件を求めるのは無理です。

よって商業者特有の取引にしっかりと応えられる業者に声をかけましょう。

 

当サイトで利用者が多いサイトをご紹介しますので、一度見てみてくださいね。

 

 <商用車買取利用者数ランキング>

当ホームページからの申し込み数、クリック数をもとに順位を算出しています。

トラックボタン1カービュートラックトラックジャパン

サブコンテンツ

このページの先頭へ